住まいの風水を考える

住まいの運気を取り込む

トップ / 住まいの運気を取り込む

住まい作りで運気が気になる場合

住まい作りで運気が気になる場合には、風水や家相に頼る場合が多いものです。日本の場合には平面や方角によって吉相や凶相が判断されるようです。平面の欠けや突起部分から見た場合の吉凶、北東から南西に走る線は鬼門と裏鬼門でこの位置に持って来てはならない要素は水回りや玄関などといわれています。その他に道の突き当たりに家を作るのは大凶とか、家の西に大きな道路があるのは吉、門の前に大きな木があるのは凶、敷地の北西方向に大きな木があるのは吉とか、子供の家を親の敷地内へ建てるのは凶、物置の上に住まいを作るのは大凶、南西にトップライトを設けるのは大凶とか運気について言われています。

住まいの運気について

住まいと運気には密接な関係性があります。家の中の間取りや、壁紙の配色、置物、飾る物によって運が上がったり、下がったりすると言われているのです。例えば、玄関は常に綺麗にしておいた方が良いでしょう。運は玄関から入ってくると言われています。汚い玄関では、運気は下がる一方です。また、西側には黄色い物を飾ったりすると良いでしょう。これは、金の運がアップに繋がります。そして、西日はあまり良くないと言われていて、できれば西側に窓は付けない方が良いです。付けたとしても、夕日をしっかり遮れるような遮光度合の強いカーテンの設置をおすすめします。このように、住まいと運にはとても密接な関係性があるのです。