快適な住まい作り

住まいのあるべき姿とは

トップ

住まいの意味を考える

人間の生活の中で、必要な衣食住のうち住居はとても大切です。朝起きて、学校や仕事に行き、家に帰ってきて一日が終わる、人は住まいがあるからこそ、生き生きとした人間らしい生活が送れるのです。そして、その意義とは人間の心を癒してくれる重要な場所です。日々の生活の中で辛いことや悲しいこともたくさんあると思いますが、そんな時でも帰るべき住居があるという事はすばらしい事なのです。住居があってこそ生き生きとした生活が送れるのです。住まいがあるというあたりまえの事が、どれだけ幸せで素晴らしい事か、という意味を噛み締めて日々生活していきたいです。

浴室リフォームするための気になる費用はこちらでどうぞ。
良心的な金額でしっかりと綺麗にしてくれる関東の業者さんを厳選してご紹介しているサイトです。

住まいの意味とはどういうことか

住まいの意味とは囲いと屋根を持ち、雨露から身をしのぎ、生活の基盤となるものです。昔から日本の夏は高温多湿な気候のために夏の生活を旨として風通しの良い家を作りなさいなどと言われて来ました。近代化された複雑な現代においては、気候を始め騒音、臭気、プライバシー、害虫などからも身を守らなくてはならなくなって来ています。日本では木の材料が身近にあった為、住まいは木造住宅が主流となって来ました。土壁や日本瓦を利用していた頃もありましたが、その後住宅在来工法も工期短縮目的で乾式工法と呼ばれる方法が取られ、土の代わりに断熱材が使われたり、薄い洋瓦も使用されるようになりました。そしてこれが結露を始めとして色々問題にもなっています。もう一度住宅の意味を問い直してみる時期に来ているとも言えます。